2006年、文化服装学院卒業後、ブランドdeserticを設立。B-BOYの格好をした仲間はいないけれどHIP HOPが好き。クラブに通う程ではないけれどHOUSEも好き。deserticの傍ら、どこのジャンルとも仲良くなれないまま、DJを20年近く続けていた。そうやって過ごす中、ある時、『disco SUBMARINE』というテーマで60分強のDJ MIXを作った。ストーリーはビーチから始まり、段々と海の中へ。やがて深海に辿り着き、青く光るネオンに近づいていくと、そこは『disco SUBMARINE』。沈没した古い潜水艦の中にある『クラブ』。艦内に入るとドレスアップした男女が青いカクテルを片手に 遅いテンポのビートに合わせて身体を揺らしている。やがて、このストーリーは『SUBMARINE』というリアルなパーティーに深化。そこで奏でられる音楽や活動が『SUBMARINE』的であるかどうかは100BPM前後のビートであるかどうか。そしてそれに『心地良い違和感』を感じられるかどうか。微弱なソナーではあるが発信し続けた結果、そのようなセンスに共鳴するクリエイターが集まり、現在は6名の乗組員で構成されるクリエイティブ集団に深化。
“SLOW BEAT” “FAST SENSE” を合い言葉に、神秘的な深海世界を旅するかのように活動しています。

SUBMARINE艦長
タイラータケアキ